アフィリエイト
RAVEN&CROW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「遭難者」 折原一

img_a30e3d4d9d37cdee2d77cec95a0fd850542276.jpg

残雪の北アルプスで、若手会社員・笹村雪彦は所属する山岳サークルの登山行で足を踏み外し、滑落死を遂げた。だが山を愛した彼に捧げた追悼集は、死因に疑いをもった母親の行動によって、予想外な内容に…。登山届、現地地図、死体検案書など詳細な記録を収録した2分冊の追悼集に込められた謎とは何か?「―者」ミステリーシリーズ。


折原一の「○○者」シリーズ
今回も叙述トリックに引っかかってやるかと思いながら読み進めました。
もう騙されるのは分かってますから、そのつもりで素直に読んだ方が良いのです。
などと思いながら、実はトリックを暴いてやろうと思う気持ち満々です!

途中で完全に真犯人が分かってしまう。
ははぁ、折原一も「○○者」シリーズには疲れが出てきたのかなぁ・・・・なんて思ってたら全然違ってました(;´Д`)

クッ……ヤラ( ゚∀゚ )レタ!!!


しかし、本作はこれまでの「○○者」シリーズと比べると叙述トリックというよりも普通のミステリーだったと感じました。
伏線が弱いというか・・・らしくないというか・・・・

まあ、単行本では2冊の「追悼集」という変則形での発行でしたので、内容よりもその手法の方に力が削がれたのかな?
長編ではないので、さーっと読むにはちょうど良いのかも。


今のところ「冤罪者」が最高傑作かなぁ・・・

6/14ツーリング

往路
https://www.google.co.jp/maps/dir/33.5095938,130.4357325/33.1649397,129.8358302/@33.3947224,130.0811619,10z/am=t/data=!3m1!4b1!4m33!4m32!1m25!3m4!1m2!1d130.0610892!2d33.4873774!3s0x3541d97e4de06f29:0x7b154c1d539ea30d!3m4!1m2!1d129.8592!2d33.3662382!3s0x356a8779b33ec5ff:0xe81d498a4b9f49c!3m4!1m2!1d129.8351455!2d33.305067!3s0x356a860ab2b3d297:0x9a8f19dee77386cb!3m4!1m2!1d129.8007059!2d33.2783287!3s0x356a8f9bf87dc8a1:0xaf771ffe4da6031c!3m4!1m2!1d129.808141!2d33.1861036!3s0x356a90a27a8d022f:0xac7c200b6ff3e614!1m0!2m3!1b1!2b1!3b1!3e0


復路
https://www.google.co.jp/maps/dir/33.1649397,129.8358302/33.5095938,130.4357325/@33.3833208,130.1359261,10z/am=t/data=!3m1!4b1!4m33!4m32!1m25!3m4!1m2!1d130.0606952!2d33.2923517!3s0x35402b56767219a9:0x251e7773d9dfdb9a!3m4!1m2!1d130.140027!2d33.3639293!3s0x3541d1ddce9632df:0xc593e5cbf1ed6294!3m4!1m2!1d130.2467101!2d33.4085748!3s0x3541c660ce5f882d:0x56d7c8960e587b96!3m4!1m2!1d130.2775505!2d33.4241137!3s0x3541c72347111c3f:0x8fd5d1aeb8bc9873!3m4!1m2!1d130.3382581!2d33.4953619!3s0x35419564a2a3445b:0x591a746edb3e2d38!1m0!2m3!1b1!2b1!3b1!3e0

「イン・ザ・プール」 奥田英朗

10363455_255261554679288_1517572238318909628_o.jpg
「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。

「邪魔」「無理」「最悪」等の寂れた地方都市で起こるドロドロ劇を書かせたら右に出る作者はいない奥田英朗ですが、こういうユーモアあふれた小説も書けるんだと改めて見直しました。
もしかしてこっちの路線が真骨頂?




精神科医:伊良部一郎が主人公の短編5部作
色んな精神疾患を抱えた患者がやってきます。

「イン・ザ・プール」は、内臓疾患ではないかとの疑いからのストレスで、そのストレス発散のためプールで泳がないと気が済まなくなった出版社勤務の男

「勃ちっぱなし」は、3年前に離婚した妻との激しいHの夢を見た次の日からチンコが勃起したまま納まらない、いわゆる"持続勃起症"のサラリーマン

「コンパニオン」は、モデル事務所に所属し華やかな檜舞台を夢見るが、イベントコンパニオンの仕事しか回ってこない自意識過剰なモデル

「フレンズ」は、メールを送ったら返事が来てないかと心配になり、携帯を忘れたり壊したりしたら連絡が入ってないかと心配になるが、友達はそれほど気にしていない携帯中毒の高校生

「いてもたっても」は、最初は出掛けのたばこの火の始末が気になり、それがガスになり、電気になり・・・・・何度も家に帰って確認するがそれでも気になるフリーライター


なんか、どこにでも転がってそうな問題です。特に携帯中毒の「フレンズ」はね。
このへんは、「邪魔」「無理」「最悪」等の地方都市にありがちなドロドロ劇に通ずるものがあるのかも・・・

で、それぞれが各々の方法で問題を解決していくわけですが、悩み事を自分で解決するってカウンセリングの基本なんですよね。
伊良部は「カウンセリングなんてっ!!」って否定していますけどね。

表紙はドロドロした内容をイメージさせますが、中身を読めば自分のちっぽけな悩みや不安が少しは軽くなるかもよ。

日本ダービー予想

いよいよ日本ダービーが明日に迫ってきた。
明日も仕事なので、ひょっとしたらリアルタイムで見ることは出来ないかも知れないが、予想と前売り買いだけはちゃんとしとこう。

やっぱりダービーは数あるGⅠレースの中でも特に思い入れがちょっと違う。
これは自分だけでなく、多くの競馬ファンもそうだろうし、競馬に携わっている方なんか特にそうだろうと思う。

去年の予想は、寺山修司没後30年、大好きなミスターシービーのダービー制覇から30年、武豊が競馬学校を卒業して30年にかけてキズナをダービー候補と予想し見事的中! 昨年の記事→ 

ダービー制覇はホースマンの憧れであるが、出馬さえも叶わない馬が何千頭もいる中で、なかなか獲るのが難しい。
一生に一度と思うとなおさらだ。
武豊の5勝とか四位の連覇とかなかなか出来ることじゃありません。あの岡部さんでさえシンボリルドルフでの1勝のみだ。

今年は「悲願のダービー制覇」に焦点をあてて予想してみる。
ズバリ言うと・・・
「ダービー未勝利のベテランジョッキーが有力馬に騎乗した時は迷わず狙え!」
です。

ミスターシービーの吉永
シンボリルドルフの岡部
シリウスシンボリの加藤
アイネスフウジンの中野
トウカイテイオーの安田
ミホノブルボンの小島
ウイニングチケットの柴田
ナリタブライアンの南井
サニーブライアンの大西
スペシャルウィークの武豊
アグネスフライトの河内
ジャングルポケットの角田
メイショウサムソンの石橋

歴史に名を残すこれらダービー馬は一番人気だったり、皐月賞馬だったりするわけですが、騎手がみなさんダービー未勝利なんですね。

それを今年のダービーに当てはめてみると・・・
前売り一番人気は横山典のワンアンドオンリーだが、横典はロジユニヴァースで制覇済みということで、蛯名正義の2番人気イスラボニータに注目!

蛯名といえば若手の頃、なかなかGⅠに手が届かないレースが続いていましたが、初GⅠ獲りが岡部から乗り変わったバブルガムフェローでの天皇賞(秋)でした。
それからはGⅠジョッキーの常連となり、アパパネの牝馬三冠は記憶に新しいところ。
ただ、牡馬クラシックはマンハッタンカフェの菊花賞のみで、皐月・ダービーには縁が無かったところ、今回騎乗のイスラボニータで皐月賞を制し、念願のダービージョッキーまでもう少し。

でも、気になるのが福永のレッドリヴェール
福永も過去有力馬に騎乗しながらも牡馬クラシックは昨年菊花賞をエピファネイアでやっとこそさ制覇
「牝馬の福永」と言われ、牝馬クラシックでは活躍するのに牡馬クラシックではイマイチ
そんな福永の初ダービーが牝馬でっていうのも面白いかも。
しかーし、先週のオークスでグリグリ一番人気のハープスターが敗れるという波乱
オークスでハープスターが楽勝してれば、ウオッカパターンでダービーでのレッドリヴェールもあったかも・・・

でも、心情的にも蛯名を応援したいし、皐月賞制覇の時点で今年のダービーは蛯名って決めてましたから。
良いじゃん蛯名のイスラボニータで!

51.jpg
SAG2014042001001442_id1_20140420062010.jpg


イスラボニータ軸!
上位人気5頭への馬連流しで

R1-Z ブレーキパッド交換

フロントブレーキのタッチが悪いので交換

ゴムキャップをめくると、ブレーキダストで真っ黒
P1020166.jpg


キャリパーごと外しましょう
P1020170.jpg

で、押さえているボルトを抜くのですが、画像は取り忘れてます。
作業に夢中です!

パッドを外しました。
P1020168.jpg

P1020167.jpg

新品と比べたら一目瞭然!
減ってます・・・

パーツクリーナーと真鍮ブラシでダストを落とせ!
P1020171.jpg


綺麗にしたら、古いパッドをいれウォーターポンププライヤーでピストンを押し込め!
P1020169.jpg
P1020172.jpg

ピストンを押し込むとブレーキオイルが上がってくるので、予め少し抜いておきましょう
P1020173.jpg


新品のパッドを組み込む前に、ピストンが押す部分にブレーキ用のグリースを塗りたくります。
P1020174.jpg


そして組み込み
P1020175.jpg

組み立てて、ブレーキオイルが足りなかったら足しましょう
P1020176.jpg


今回はデイトナの黒パッド(タウンユース用)を使いました。
熱ダレも無く、軽いバイクにダブルディスク対向キャリパーなんで、良い感じで効いてくれます。

プロフィール

TAKE1169

Author:TAKE1169
RAVEN&CROWへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © TAKE1169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。