アフィリエイト
「骸の爪」 道尾秀介著 - RAVEN&CROW
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「骸の爪」 道尾秀介著

51btKtCkHtL.jpg
ホラー作家の道尾は、取材のために滋賀県山中にある仏像の工房・瑞祥房を訪ねる。彼がその夜見たものは、口を開けて笑う千手観音と、闇の中で血を流す仏像。しかも翌日には仏師が一人消えていた。道尾は、霊現象探求家の真備、真備の助手・凛の三人で、瑞祥房を再訪し、その謎を探る。工房の誰もが口を閉ざす、二十年前の事件とはいったい。

過去に読んだ道尾秀介作品です→ 

「背の目」と同じく、霊現象探求所を営む真備(まきび)とホラー作家の道尾が謎を解くミステリーです。
初めて読んだ「背の目」では苦手な作家なのかと思ったが、その後読んだ「カラスの親指」「向日葵の咲かない夏」「片眼の猿」ですっかりファンとなってしまいました。
久々に買った作品が、苦手と感じさせた真備と道尾シリーズでした。

今回は「仏像」にまつわる話なんですが、仏像を知らないものですからイメージが湧かないんですよね。
よく知っているのは七福神くらいで、リアリティを持つためにネットで画像検索しながら読みましたよ(w

最初はホラー現象と思わせるところから始まり、最後に謎解きなるのですが、「ああ、そうやったのかぁ!」ともう一度その場面を読み返したくなります。
もうね、最初から謎解きへのヒントの出まくりなわけですけど、まあ、描き方がそれを分からせない描き方なんで普通は気付かないわなぁ。
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ravencrowdqn.blog20.fc2.com/tb.php/5567-ddda9649
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

TAKE1169

Author:TAKE1169
RAVEN&CROWへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © TAKE1169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。