アフィリエイト
「マリアビートル」 伊坂幸太郎 - RAVEN&CROW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マリアビートル」 伊坂幸太郎

1a691564657609437939b25b639501df.jpg
元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線 <はやて> に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。ツキのない殺し屋「七尾」。彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み、物騒な男たちを乗せた東京発の新幹線は、北を目指して疾走する!

「グラスホッパー」に続くハードボイルド「殺し屋」小説で、以前の書評で「グラスホッパー」のデキはイマイチと書きましたが、今夏に読み返し改めて面白さを実感したわけで、その後の本書でしたが良い感じで読めました。

「東京→盛岡」東北新幹線内で行われる殺し屋(一部殺し屋でない中学生含む)同士の殺し合いというか何というか、お互いのやりとりとスピード感が圧巻です。

登場人物は一部を除いて全て殺し屋で、当然過去に人殺しの経験があるわけですから、基本的に「いい人」は出てきません。
でも、思い入れをしてしまう登場人物もいる。
ただし、「王子」には最初から最後までむかついて、大人を圧倒する「王子」を誰がやっつけるんだという気持ちで読んでしまいました。
あ、主人公は一応いますが、登場人物それぞれの個性が際だっていて脇役的な存在になってしまってる(w
まあ、最後に正義は勝つわけですが、全員が殺し屋なので正義は無いということなんですが(w


スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ravencrowdqn.blog20.fc2.com/tb.php/5521-d069051a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

TAKE1169

Author:TAKE1169
RAVEN&CROWへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © TAKE1169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。