アフィリエイト
「はだしのゲン」を考察 - RAVEN&CROW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はだしのゲン」を考察

原爆の悲惨さを描いた漫画「はだしのゲン」を、島根県松江市の教育委員会が子供らに対し閲覧禁止にした問題ですが、ちょっと自分なりに考察してみた。

結論から言えば、松江市教育委員会が閲覧禁止にしたのはグッドジョブだったんですよ。

ボクの中の「はだしのゲン」は、少年ジャンプに掲載されていた時期のモノなんですね。
小学校低学年でしたが、日本は戦争に負けて、おまけに原爆まで落とされて、大事な人が死んで、それでも復興に向けて頑張るぞ!という漫画だったんですね。

これが単行本で4巻まで。

その後は・・・・

はだしのゲンwiki

4巻以降はというと、週刊少年ジャンプでの掲載が打ち切りになった「はだしのゲン」は朝日新聞の働きかけで単行本出版。その後、「市民」誌で連載再開、さらにその後、日本共産党論壇誌「文化評論」で連載後、日教組機関誌「教育評論」で連載。

おいおい、朝日新聞が働きかけて、共産党やら日教組が絡んできている時点で、子供たちに読ませて良いのはジャンプに掲載された初期の4巻までと結論できるわ。

自虐史観というか、ねつ造だらけの反戦漫画に徹していて、日教組・共産党をはじめとするサヨクと中韓に都合の良い作りになっているということ。

これは流石に子供らに見せたらいけないということで、松江市とボクは完全に一致していますし、さすが「竹島を帰せ!」と声高々に活動している島根県だと思うわけ。


ところが、この松江市をサヨクマスコミが許すはずがない。
そりゃそうだろう。自分に都合の良い漫画を閲覧禁止になんかされたらねぇ。

サヨクの圧力に屈した松江市教育委員会が閲覧制限を今日撤回したのは非常に残念だと思う。

だけど、松江市は逆襲するね。
少年ジャンプに掲載された4巻までしか置かないようにすれば良い・・・
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://ravencrowdqn.blog20.fc2.com/tb.php/5513-bb55275d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

TAKE1169

Author:TAKE1169
RAVEN&CROWへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © TAKE1169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。