アフィリエイト
RAVEN&CROW - 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グレイヴディッガー」 高野和明著

51PXAWW8G8L__SS500_.jpg
中世の魔女裁判期に登場した殺人鬼「グレイヴディッガー(=墓堀人)」をまねた大量殺人事件が発生した。煮えたぎった浴槽に浮かぶ変死体。偶然にもそれを発見してしまった主人公・八神は、謎の集団に追われることになる。今までの悪行をかえりみて挑もうとしている、人生初の人助け「骨髄提供」を全うするため、八神は逃げる。カルト集団や公安警察の手をかいくぐっての逃亡劇。はたして無事病院にたどり着けるのか…。
現行の死刑制度に対する深い考察を交えた珠玉のミステリー『13階段』で、第47回江戸川乱歩賞に輝いた新鋭による受賞後初の長編。主人公の逃亡を主軸に連続殺人を扱った本書はスピード感と臨場感にあふれ、前作より一層エンターテイメント性を強調した作品に仕上がっている。とくに、冒頭に描かれた変死体の様子やクライマックスの「グレイヴディッガー」登場場面などの描写は、これまで映画やテレビの脚本を手がけてきた著者ならではの迫力に満ちている。

また、フィクションとしてのおもしろさを追求する一方で、中世の魔女裁判の残虐さや、現代日本で「正義のため」に違法行為が許される公安警察をひきあいに、「正義とは何か」を問う姿勢も感じられる。これは、前作から一貫した著者の主題でもある。本書は、この重い主題を巧みに料理した娯楽大作といえよう。


Amazonのメルマガでお薦めとあったので購入
「13階段」が面白かったので、当然期待して読む。

ストーリーは説明にあるとおりだが、帯にあるように13階段を完全に凌いでいるし、迫力とこれだけのスピード感のある小説は記憶にない。

「一気に読める小説は?」と聞かれたら、間違いなくこの小説を挙げることでしょう。

展開が早く、登場人物も多いので、関係図をメモしながら読むことをお薦めする。
メモ取りながら読むやり方は、時間が無く「チョイ読み」的な読み方をする人には最適です。
記憶力が薄れてきている年代にも・・・・

スポンサーサイト

ナマポ  |ι´Д`|っ < だめぽ

お笑いコンビ「次長課長」河本の母とその他親族が生活保護を不正受給していた件が何やら面白い方向に進んでいますね。


・明らかに不正受給だと追求する派(スクープした雑誌と片山さつき及びネット住民等々)
・河本の不正受給を棚に上げ、批判した片山さつきを批判するお門違い派(吉本興業、麻木久仁子、松尾貴史、ちゃらお、ブラマヨブツブツ、河口しょうご、ミヤネ屋の面々等々)

まあ、後者は明らかにバカとしてあぶり出されているわけですが、こうなると芋ズル式で出てくるヤツもいるね。
ナマポもらってウハウハ生活の在日とか、河本同様不正受給している家族がいる芸人とか・・・

本気で不正受給を調べられたら、ヤバイ方々が沢山いるようですからね。
生活保護を「ナマポ」と呼ぶそうですが、芸人に限らずナマポもらっている方は今頃戦々恐々としていることでしょう。

まあ、生活保護制度自体が怪しいのは昔から言われていたわけなので、この際に一気にやっつけちゃいましょう。
とは言ったものの、今の政権じゃ絶対に「改悪」にしかならないだろうから、このまま「ナマポ」と「バカ」をあぶり出し続けた方が自分としては面白い。

真っ昼間のパチンコ屋に行けば五万といるよ。
市営住宅に高級車駐車しているやつとか・・・



最近はこればっか

DSC_0162.jpg

セブンイレブンで販売している炭酸水(レモン風味)
一本88円
白霧島(20度)を割ってぐびり

つまみは静岡の桜エビが良いなぁ~


それは無いので、「吉田類の酒場放浪記」をつまみ替わりに見る

「背の目」 道尾秀介著

51418FYSTGL__SS500_.jpg

――レエ……オグロアラダ……ロゴ……(ねえ、ボクのカラダ、どこ?)


福島県白峠村を訪れた作家の道尾秀介。村ではここ数年、児童の神隠し事件が起こっているという。河原を散策していると、妙な声が聞こえてきた。そこは、神隠し事件で最初にいなくなった少年の切断された頭部だけが流れ着いた場所だった。この声は少年の霊の声なのか、気味の悪くなった道尾は、予定を切り上げて東京へ帰り、霊現象を探求する友人・真備庄介に相談を持ちかける。

同じ頃真備は、白峠村とその隣町・愛染町で相次いだ自殺者の友人・上司たちから似たような相談を受けていた。死ぬ直前に撮っていた写真に写る彼らの背中に奇妙な眼が写り込んでいる、自殺する理由は何もなかった、その眼が自殺を引き起こしたのではないかというものだった。

なぜ眼だけが写ったのか、道尾が聞いたゴビラサという言葉の意味とは……。


単行本では上下巻に分かれた長編小説です。
実は、上下巻に分かれているとは気づかずに、最初に買ったのは下巻・・・
読み始めた途端に「ん?」
慌てて上巻を買いに走った始末(w

「ホラーミステリー」というカテゴリーがどうなのかは知りませんが、本格的ミステリーファン及び本格的ホラーファンにはちょっと物足りないかも知れませんが、登場人物も少ないということもあって、(自分が登場人物が少ない小説が基本的に好き)非常に読みやすく良くできた小説です。
途中、全く関係ないと思わせる登場人物も、最後には一気に物語にかかわってきます。

霊を信じるか信じないかは「あなた次第」なんでしょうけど、見守ってもらいたいと願い、もしそのとおりになればそれはそれで・・・

日本ダービーが来た!

競馬の祭典「日本ダービー」がやって来ました。
ボクの中では、ダービーと有馬記念だけは絶対に当てたいレース。(ホントは全部当てたいのですが・・・w)
ビクトリアマイル、オークスと連続的中させて予想は上向きなので、ここもキッチリと当てていこうと思います。
何が何でも・・・

今年のダービーは「2強」ムードになっていますが、過去に何度も書いたように「2強対決」は2強では決まらないのが殆どです。
過去のデータからいくと、先週のオークスのように桜花賞1・2着馬がそのまま1・2着になったレースは何度もありますが、ダービーではありません。
1・2着馬が逆転して2・1着となったレースがたった一度あるだけです。
ゴールドシップかワールドエースのどちらかが消える可能性があります。

消えるのは・・・
ワールドエース
問題は鞍上の福永
勝ち鞍は沢山上げていますが、彼の騎乗に上手さを感じないんですよね。
人気馬に乗って後方から大外を回して・・・なんてレースが多い。
あれだけ良い馬に武豊が乗っていたら、福永の1.3倍以上勝ってるんじゃないかな。(最近武君は社台に干されて良い馬にのれていない・・・)
ということで、福永のダービー初制覇というか牡馬クラシック初制覇は今回もお預けということになるでしょう。
でも、馬券の対象外にはしませんよ。

◎ゴールドシップ
皐月賞は最後方にいたかと思ったら4コーナーでは先団にとりついて早めの抜け出し。内田の好騎乗が光りましたが、抜け出して突き放す力は決してフロックではない。ここも堂々と主役

○トーセンホマレボシ
Cコースになって内外関係なしだが、前が止まらないレースが多い。この馬の先行力と止まらない脚があればアッと言わせる可能性もある。

▲フェノーメノ
皐月賞には出られなかったが、典型的なサウスポーのようなので出走しても×だったことでしょう。東京コースは大得意

☆ヒストリカル
歴史になる

△ワールドエース、エタンダール

佐賀平野の麦秋

ちょっと遠回りで帰宅
福岡から佐賀に抜ける東脊振トンネルの上にある林道から、佐賀平野を望んでみました。
DSC_0160.jpg
佐賀平野は麦の収穫前で、稲の刈り取り前のような色合いです。
いわゆる「麦秋」ですね。




通勤路にある麦畑も良い色しています。
美味しい、ビール、うどん、ラーメン、パンになれよ

ちなみに、小麦なんだか大麦なんだかライ麦なんだか分かりませんので、何になるか行く先は不明です(w

「未来を拓く君たちへ」 田坂広志著

51RJSFJHMKL__SS500_.jpg
内容(「BOOK」データベースより)
いま、我々は、子供たちに、いかなる生き方を語るべきか。いま、我々は、若者たちに、いかなる思いを伝えるべきか。いま、我々は、未来の世代に、いかなる歩みを残すべきか。すべての家庭の方々に、すべての学校の先生に、すべての職場のマネジャーに、そして、すべての子供たちに、すべての学生に、すべての若者たちに、心を込めて贈る、著者渾身のメッセージ。


上司に薦められて、我慢して読みました。
「我慢して」というのは、自分の興味の無いものを人から薦められるモノってねぇ・・
しかも、自己啓発モノというものが・・・苦手
自分で金出しては絶対に買わない。

でも、二十歳くらいの時に読んだら、絶対に感化されている。
間違いなく。
一応は酸いも甘いも噛みしめた人生を送っているおっさんには、何を今更という感じ。
Amazonの書評では、今までに見たこと無いくらいの高評価なんで、感化されやすい若者が書いたんだろうと、斜め読み。


息子に読ませたいが、彼は純粋に「志」を持っているようなので、不要かな(w



UFCのチャンピオン候補

うちのガキは、UFCフライウェイトチャンピオンにもっとも近い
デメトリアス・ジョンソンとマンツーマンで練習することになったようです。

DSCN0504.jpg


厳しい練習のハズなのに、良い笑顔

親子丼 from ハワイ

息子がハワイに修行に行ってもう何日経ったでしょう。

たまには画像を送れとメールしたら、画像が送られてきました。





DSCN0490.jpg



親子丼
だそうです・・・


自炊が基本なんですが、実に不味そう(wwwwwwww

ヴィクトリアマイル予想

3冠牝馬のアパパネが復活を期待されてか、前売り単勝オッズ一番人気に推されています。
過去に3冠牝馬はアパパネ以外に2頭いましたが、古馬になってからの戦績はというと、3冠の輝きは全く見られないものでした。
昨年ここをアパパネが勝ちましたが、これまでのレースっぷりからすると、もう要らないんじゃないかと思う。
馬連人気も一桁台のオッズはなく、一番人気がぶっ飛ぶパターンに当てはまっています。

◎ホエールキャプチャ
2歳時から追いかけていますので、ここも軸にしたい。悲願のGⅠ獲りを。

○フミノイマージン
芝二千の重賞を勝っていることは、タフな東京千六をも耐えきれる。

▲アプリコットフィズ
前走6着だが、牡馬混合の芝千六を使うという好ローテ

△レディアルバローザ、ドナウブルー

健康診断

明日は、定期的に受けている胃検診と血液検査です。
3月に大腸ガン検診を受けましたが異常なし。
胃は毎年異常なしなんですが、父が胃ガンだったので何かと気になるところ。
血液はγ-GTP値やコレステロール値が毎年引っ掛かります。
レッドゾーンではありませんが、イエローなんですねぇ

今日はアルコール無しで食事も軽めに済ませて、あとは水をがぶ飲みしながら早めの就寝です。

ヤマハ R1-Z

1.jpg

買おうかと悩んでいます・・・

「6時間後に君は死ぬ」 高野和明著

51Sgb8tntSL__SS500_.jpg

回りつづける運命の時計未来を賭けた戦いが始まる!
稀代のストーリーテラーが放つ、緊迫のカウントダウン・ミステリー
運命の岐路に迷う時、1人の予言者が現れる。
「6時間後に君は死ぬ」。街で出会った見知らぬ青年に予言をされた美緒。信じられるのは誰なのか。「運命」を変えることはできるのか。
未来は決まってなんかいない 明日を信じて、進むだけ


「13階段」が面白かったので、高野和明をもう一冊

4編の短編からなる“ファンタジー”
ミステリ-が土俵かと思っていたが、女子中高生が嵌りやすいような作品でした。

ボクのみたいなおっさんが読む小説じゃないと言われればそれまでですが、サクッと読めるので良い感じですよ。
お昼休みの一冊に


電力不足? 一回思いっきり使ってみよう!!

先週末に泊原発が停止し、国内で稼働している原発は「ゼロ」となりました。
このままでは電力不足から来るであろう「大停電」を避けるため、各電力会社と政府はこの夏の節電を要求しています。
その上、原発が非稼働状態で電力供給は化石燃料発電が中心となるため、原油確保で金が掛かると電気料金値上げを強制しようとしている。


自分は原発再稼働に反対ではありません。
ですが、更なる安全体制が確保されたからのことで、大停電がくると不安を煽るばかりの現体制ではとても再稼働には賛成出来かねるという立場です。


まあ、無理に節電する必要はないんじゃないかなぁ。
一回、ドーンと使って大停電するのも面白いかもよ。
そうすれば、色んな体制不備とかもっと見えてくるだろうし、そうなった時に政府、電力会社や各自治体がどう対応するか見物

「金 払ってんだろうが!!」的に使ってみよう。
我慢する事無いって。




NHKマイルカップ予想

先週の天皇賞には参りました。
オルフェーヴルがあんな負け方をするとは・・・
敗因は色々あるでしょうが、阪神大賞典での逸走からの調教再審査あたりに疲れやストレスが溜まっていたとしか思えません。
厩舎側も池添も首をひねってましたが、ハッキリとした敗因が分からない限り、次は軸にし難いなぁ。


さて、NHKマイルカップですが、東京マイルは王道への試金石という格言(自分だけ)があるように、このコースはどんなレースも淀みなく流れるタフなコースです。
ただのマイラーじゃ勝てない。
マイル適性はもちろん必要ですが、中距離以上を勝てるスタミナが要求されるコースだし、そういうレースです。
ここを勝てる馬は、過去にキングカメハメハやディープスカイに代表されるよう、ダービーさえ勝てるような力があるということです。
1800m以上に実績のある馬が狙い目

しかし、マイラーが勝てないわけじゃありません。
マイル以下しか使ってこなかったのスペシャリスト的な馬ならもちろん狙い目となります。


◎マウントシャスタ
カレンブラックヒルと軸を迷いましたが、中距離実績のあるこちらが有利だと判断
○カレンブラックヒル
輸送も経験しているし、無傷の三連勝だし・・・鞍上が未だGⅠ未勝利な秋山なのが不安なだけです。
▲モンストール
パンパンな良馬場なら33秒台前半は確実な上がりを使ってくる
☆ハナズゴール
桜花賞を回避したが、仕上がり良好。紅一点で
△メジャーアスリート
ただのダート馬じゃないぜぇ

りゅうきゅう(鯵)

大分の郷土料理に「りゅうきゅう」なるものがあります。
「りゅうきゅう」とは、ブリやさばなどの青物の刺身を醤油や生姜・ゴマを入れた漬け汁に浸し、しばらく置いたもの。酒の肴にも、また熱々のご飯に載せてりゅうきゅう丼や、お茶をさっと掛けてりゅうきゅう茶漬けにしても美味。名前の由来は諸説ありますが、沖縄(琉球)から伝わったという説や、千利休に由来するという説などが有力と言われています。

実は、大好物の一つなんです。
鯵の良いヤツがあったのでりゅうきゅうにしてみました。

DSC_0144.jpg

レシピは適当に検索してください。

余り物 料理 なんでもオーブン焼き

おかずを作りすぎたとか、味に飽きたとかで余った料理をアレンジ

アレンジと言っても、余り物をアルミホイルに並べてオーブンで焼くだけなんですけどね。
オリーブオイルかけたり、チーズを乗っけたり、マヨネーズをかけたり。
どんな物でもこれがなかなか良い感じに仕上がるんですよ。



金曜日に行きつけの焼鳥屋さんが土曜日から3連休だということで、余り物の焼き鳥をお持ち帰りでいただきました。
夜中に帰ってもだれも焼き鳥を食べないので、冷蔵庫へ直行
それで、土曜日の夕食で作ったのがコレです

焼き鳥のオーブン焼き(オリーブオイル&チーズ)
DSC_0146.jpg

焼き鳥をホイルに並べてオリーブオイルをふりかけ、チーズを乗っけてオーブントースターでチン
ブラックペッパーをかけて熱々が美味いっ!

絶景

GWですが、こちらは暦どおりの出勤です。
今日は昨日の雨の影響からか、空気がとても澄んでいました。
職場は標高千メートルもありますから、遠くまで望むことができます。

画像1

正面は佐賀平野、そして有明海、その向こうは雲仙
今日は南は天草、西は平戸まで見えていました。


途中に障害となる山が無ければ、赤円の範囲までは見えるハズです。

0372_5b.jpg

プロフィール

TAKE1169

Author:TAKE1169
RAVEN&CROWへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © TAKE1169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。